おうち秘書ナビの更新情報が配信されるメルマガ 登録はこちら

時給的な考え方を捨て信頼を勝ち取ろう

あなたはクライアントから信頼されていますか?

・得をする仕事をしたい 
・わりのいい仕事をしたい 

お金を稼げるようになりたいと思うあまり、このように考えていませんか?

「お金のために仕事する」というのも一つの考え方です。
ただし、オンライン秘書にとって大切なことは、信頼されることです。

信頼を得るには、スキルだけでなくマインドも磨く必要があります。特に重要なのは、お金に対する考え方です。
この記事では、時給的な考え方ではなく、信頼を勝ち取るための考え方を紹介します。

目次

クライアントから信頼を勝ち取るための考え方

まず大切なことは、時給的な考え方を捨てることです。

「クライアントからいただくお金=報酬」は、自分の仕事の対価であることは間違いありません。ただし、「報酬=仕事をした分だけもらえるもの」と考えていると「お金のために仕事をする」思考になりがちです。

「稼ぐこと=悪いこと」 ではありませんが、 自分さえよければいいという考えが 相手に伝わると信頼されません。
クライアントにとってオンライン秘書へ支払う報酬は、重要な業務に集中するための投資であると認識する必要があります。

具体的には、以下のような考え方を持つことが大切です。

どうやったらもっと事業に集中してもらえるか

クライアントは日々たくさんの業務を抱えています。事業以外に、事務作業からスケジュール管理、カスタマー対応などに追われていることもあります。

こういうときはオンライン秘書の出番です。

時間を取られている業務をサポートして、クライアントの負担を軽減できるよう努めてみましょう。
事務作業や書類作成などの業務を、的確に迅速に行うことで、クライアントが事業に集中できるようになります。

まずは任された仕事をミスなく行い、クライアントが優先すべきこと、重要な業務に集中してもらえるようにサポートする意識を持ちましょう。

自分の業務をただこなすのではなく、どうしたらもっと事業に集中してもらえるかを考えて動くことが大切です。

ビジネスを加速させるにはどうするか

クライアントのビジネスに関する情報を常に把握して、市場や競合他社の動向にも目をひからせることで、的確な意見や提案を行えるように心がけてみましょう。

また、クライアントとコミュニケーションを密にして、ニーズや要望を理解する力を養うことも大切です。
重要な情報を的確に整理・提供することで、クライアントの意思決定スピードが上がる可能性があります。

このように、受け身ではなく情報やニーズを先取りしていく姿勢は、クライアントのビジネスを加速する手助けになります。自分の業務の範囲外だとしても、クライアントのビジネス周りについては情報収集することを心がけましょう。

売上に貢献するにはどうするか

クライアントのビジネスの中核を理解し、市場調査や競合分析などのマーケティングや事業戦略を提案できるようになると、売上に貢献できるようになります。

そこまでの中核に位置していないという方も、自分の担当業務を丁寧に行うことで売上に貢献できるようになります。

たとえばカスタマーサポートを担当しているとしたら、丁寧で良質なサービスを提供することで、顧客満足度を高め、リピート率を向上させるなど、売上に直結する貢献ができます。

顧客の声を収集して改善点などをまとめ、クライアントにフィードバックすることも、効果的です。
自分の業務の中でも、どうしたら売上に貢献できるかを常に考えるようにしてみましょう。

まとめ:まずは自分の仕事をミスなく行うことから始めよう

自分の仕事を的確に行うだけでも、クライアントの時間を生み出すことになります。

まずは、事業に集中してもらえるよう考え、自分の業務をしっかり行い、クライアントの事業について情報収集し、どうしたらビジネスを加速させられるか、売上に貢献できるかを考えながら行動してみましょう。

信頼を勝ち取れば、 どんどん仕事を任されるようになります。

時給的な考え方を捨てて、自分ごととして寄り添った仕事をしていきましょう。

オンライン秘書として信頼を勝ち取って行きたい方には、オンライン秘書コミュニティ「おうち秘書サロン」がおすすめです。ミッションや交流を通してスキルやマインドを学べます。

気になる方はぜひ以下のリンクを覗いてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次